PhoenixGaming

EN

ヴィームシ市の紹介

 

ヴィームシ1 ヴィームシ2

 

  1. プロフィール

都市名:ヴィームシ市(エストニア)

市長名:ジャン・トレイ (Jan Trei) 

人口(2015年3月):17,543人

面積:73平方キロメートル

緯度:北緯59度31分

平均気温(2010年):6.0度

最高気温(2010年):34.5度

最低気温(2010年):-31.2度

降雪量(2010年10月~2011年5月までの合計):102センチメートル

市のシンボル:クジラ

 

ヴィームシ市旗

  1.  

     

ヴィームシ市の姉妹・友好都市

  1. ポルヴォー(フィンランド)、タビー(スウェーデン)、シー(ノルウェー)、スレユベク(ポーランド)、バルレーベン(ドイツ)、ラマット・イシャイ(イスラエル) 

     

     

    都市PR

 ヴィームシは、エストニアの北部、首都タリンの北東に位置しています。バルト海にのびるヴィームシ半島と9つの島嶼からなり、73平方キロメートルの面積の約3分の1を島が占めています。9島のうち、プラングリ島とナイス島には住民が住んでいます。

 ヴィームシは1919年に制定されましたが、ヴィームシ半島の歴史は古く、90年代に行われた調査の結果で3世紀から4世紀頃まで遡ることがわかっています。

 水と緑に恵まれたヴィームシでは漁業と生花業が盛んです。海岸は岩場が多く、半島の中央部は森林でおおわれ、ヴィームシ森林地区として保護されています。海岸線が長いことから複数の港がありますが、その中でもヴィームシ半島の付け根西側にある貨物・旅客港のムーガ港区はバルト海最大規模の取引を誇っています。

 近年、ヴィームシは発展が著しく、2001年には6,000人ほどだった人口が、10年間で1万人以上増加しました。人口の約4分の1は18歳以下で、夏季にはさらに数千人ほど人口が増えます。

 自然景観を保護しつつ、サービス、教育、文化、エコツーリズムといった分野でのさらなる発展を目指しています。

 

  1. 関連サイト

公式サイト:https://www.viimsivald.ee/

 

ヴィームシ市の位置

 

mail

お問い合わせ

世界冬の都市市長会に関するお問い合わせはこちらから

Send an Email